施設警備

施設の特徴や用途に応じ、最適なセキュリティは変化いたします。
施設本来の安全性と利便性を損なうことなく強固なセキュリティをご提案、実現いたします。

施設警備(常駐)

対象施設の特性とニーズに応じ、防災センター要員、防火管理者、施設検定合格者など各種の資格、知識を有した警備員がモニター監視、出入管理、巡回、立哨監視など厳格な警備方法によって施設の安全を守ります。警備にあたっては厳正、厳格ななかにも、親切、丁寧で明るいソフトなイメージを目指し、施設の快適な環境と品位向上に貢献することを目的としています。 また人と機械の互いの長所、短所を補完しながら、センサー監視、画像監視などハイテク機器を併用し、ローコスト・ハイクオリティな警備を提供します。

学校、医療機関などの公共施設や、ショッピングモール・オフィスビルなどの事業施設は、不特定の方々が利用されるため、高度なセキュリティが求められます。協和警備保障は、厳しい警備を実施しながらも利用者がそれを意識することなく、自然に施設で過ごせるように配慮しています。

施設警備(臨時)

年末年始や夏期の長期休暇等、お客様が長期間にわたってお休みになる期間に限っての臨時的な施設警備も実施しています。また博覧会、イベント、スポーツ競技等様々な催事における短期間の警備も提供しています。

機械警備

協和警備保障株式会社では最先端IT技術を駆使したKISシステム(Kyowa Intelligent Securityシステム)により、安価でより充実した機械警備システムの構築を目指しています。

対象施設に各種センサー、監視カメラ、或いは予め設置されている防災監視盤、設備監視盤などから異常信号を24時間遠隔監視することにより、異常信号受信時には、最寄りの待機所から、緊急対処員が急行。異常内容の確認と初動処置をとり、被害の未然防止、拡大防止に努めるシステムです。

巡回警備

人を常駐させるほどではないが、機械警備システムでは管理できない施設を、人為的ミス、不法侵入、施設の異常を定時、不定時に巡回点検し、異常を早期に発見し対処する警備です。空き地、駐車場、休業施設最終退場者、退館者が出た後の施錠、火の元点検などの他、シャッター、扉の開閉業務など機械警備と併用した巡回警備も実施しています。

駐車場での不法駐車の確認、管理敷地、空き地内への不法入場者の確認、年末年始・長期休暇期間中の施設巡回など、管理者に代わって点検業務を実施し、万一異常を発見した場合は、初動措置をとり、関係者への通報や、警察、消防など関係機関への通報を行い被害の拡大防止に努めます。